天草美酒KANPAIトリップ
1泊2日編

天草以外では手に入りにくい希少な焼酎を、あれもこれも呑み尽くす酔いどれの時。
酒と食が織りなすカンパイの地・天草へ。

美食のパラダイス・天草をさらに深く愉しむための切り札が、天草唯一の酒蔵「天草酒造」。蔵元見学はもちろん、試飲からランチまで味わえる「KANPAI AMAKUSA」もお目見え。夜は、島外不出の希少な焼酎がずらりと並ぶ居酒屋で呑み尽くそう。お土産は、天草通を気取って選り抜いた一本・・・・・・なんて素敵な酔いどれトリップ。

旅のみどころ

モデルコース行程

1日目

2日目

海を眺める焼酎蔵でショッピング
米・芋・麦の味わいを愉しむ

[ 天草酒造 ]

天草で唯一の焼酎蔵。『純米焼酎 天草』のほか、創業当時の味を復刻した『手造り本格芋焼酎 池の露』など、米・芋・麦焼酎各種を醸しています。どれも厳選した国内産の原料と清麗な水、伝統の技で丁寧に仕上げたものばかり。事前予約で工場見学も可能です。また、酒蔵の向かいには、試飲や軽食を提供する「KANPAI AMAKUSA」がオープン!ランチもおすすめ。

天草酒造

  • 住所:熊本県天草市新和町小宮地11808
  • 電話:0969-46-2013
  • 定休日:日曜、祝日、年末年始
  • Webサイト

活きた美味しさは格別。贅沢!クロマグロ丼

[ 網元旅館はまや ]

新和町は、“国内最大級の養殖場”があるクロマグロのまち。豊穣の海で大切に育てられたクロマグロは、トロの部位が多い上に旨みも濃厚!そんな味わいを心ゆくまで味わえると評判なのが、「網元旅館はまや」の名物「クロマグロ丼」(2日前までに要予約)。アオサのお吸い物と小鉢とお漬物付きで2,000円(税込)と価格はとってもリーズナブル!活きたクロマグロならではの赤身の旨みとねっとりと甘いトロのコラボ。これぞ「海のダイヤ」と呼ばれるにふさわしい贅沢な一品です。

網元旅館はまや

  • 住所:熊本県天草市新和町大多尾2406-1
  • 電話:0969-46-2305
  • Webサイト

祈りの地を歩く 世界遺産・﨑津集落

[ 﨑津教会 ]

﨑津教会は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産の一つ。堂内は希少な畳敷きとなっており、祭壇はかつで“踏み絵”が行われていた位置に当たるとか。禁教時代から現在まで手厚く信仰が守られてきました。 “海の天主堂”ともよばれ、尖塔に十字架を掲げた重厚なゴシック様式のシルエットが静かな漁港に佇んでいます。

﨑津では集落散策もオススメ。『﨑津史料館みなと屋』で﨑津集落の歴史に触れたら、ほどよい甘さの郷土菓子『杉ようかん』を食べてみましょう。舟まで続く“トーヤ”と呼ばれる小道や石畳に寝転ぶ猫たちも見どころの一つ。『﨑津諏訪神社』では、神道・仏教・キリスト教の三宗教一体の御朱印もいただけます。

﨑津教会

  • 住所:熊本県天草市河浦町﨑津539
  • 電話:0969-78-6000(﨑津集落ガイダンスセンター)
  • 定休日:教会行事が行われる時は入館できません
  • Webサイト

“ラピュタの樹”と夕日の絶景を楽しむ

[ 西平椿公園 ]

天草西海岸、東シナ海を望む海岸沿いにある、約10haの公園。約2万本のヤブツバキが自生する群落地として有名です。最近では、『蔵石』と呼ばれる巨岩を包み込むアコウの巨木もSNSなどで話題! まるで、空に昇る“ラピュタの樹”のような姿なのです。自然の力の雄大さを目の当たりにして、見るだけでも力がみなぎりそうなパワースポットです。

西平椿公園

  • 住所:熊本県天草市天草町大江
  • 電話:0969-42-1111(天草市天草支所 まちづくり推進課産業建設係)

世界に誇る伝統の天草白磁に触れる

[ 高浜焼寿芳窯 ]

天草は国内最高品質の陶石の産地。その天草陶石の中でも最も白いものを使う伝統の窯元です。その純白の美を引き立てるのが、藍の趣深い呉須の絵付け。古高浜焼のモチーフである「海松紋(みるもん)」を復興し、約260年変わらぬ焼き物の美を今に伝えています。ギャラリーには伝統の器のほか、映(ば)えるイマドキの器もいっぱい!

素焼の器に思い思いの絵を描いて、オリジナルの器を作る絵付け体験も実施中!(要予約)。道具は全て用意されており、大人も子どもも自由に絵筆を走らせるだけ。完成した器が自宅に届くまで、旅のワクワクが続きます。隣接する「上田資料館」では、高浜焼の歴史を物語る当時の器を眺めながら、時代旅行を楽しんではいかが?

高浜焼寿芳窯

  • 住所:熊本県天草市天草町高浜南598
  • 電話:0969-42-1115
  • 定休日:盆・年末年始のみ
  • Webサイト

奇岩の迫力満点!遊歩道から海岸散策へ

[ 鬼海ヶ浦展望所 ]

天草灘の荒波が生んだ岩の造形美を愛でる絶好の展望所。天候に恵まれ運がよければ、長崎の野母崎半島も見えるそう。展望所からは、遊歩道が設えられており、海岸線へ降りていくこともできます。奇岩の岩肌を間近でみれば、迫力満点!「日本の夕陽百選」の一つにも選ばれており、水平線に沈む夕陽を眺むことができるロマンチックな夕景スポットとしても注目!

鬼海ヶ浦展望所

  • 住所:熊本県天草市天草町下田北
  • 電話:0969-42-1111(天草市天草支所 まちづくり推進課産業建設係)

天草ん地焼酎ば、思いっきり飲もう!

[ 居酒屋 語らいの里 あまくさ村 ]

天草酒造の焼酎がずらりとそろい、鮮度抜群の活魚、地鶏・天草大王のタタキなどをアテに心ゆくまで味わうことができるのが「居酒屋 語らいの里 あまくさ村」。まずは、「天草ん地焼酎飲み比べセット」で好みの味を見つけて、お気に入りをグラスでグビグビ。地元民が足繁く通い、酒を酌み交わす居酒屋で天草の夜を満喫しましょう。

居酒屋 語らいの里 あまくさ村

  • 住所:熊本県天草市栄町10-36
  • 電話:0969-24-1600

遠く阿蘇や雲仙も見渡す大パノラマ

[ 龍ヶ岳山頂自然公園 ]

標高470mの龍ヶ岳山頂は風光明媚な自然公園。天草の海と島々、晴天時には遠く阿蘇・雲仙・霧島まで見渡せる大パノラマが広がります。展望所にはハートのくぼみが入った巨岩があり、恋愛成就のパワースポットといううわさも♡

龍ヶ岳山頂自然公園

  • 住所:熊本県上天草市龍ヶ岳町大道
  • 電話:0964-26-5512(上天草市観光おもてなし課)

天草の自然の営みに触れるひととき

[ 天草ビジターセンター ]

天草の海と生物の魅力を余すことなく伝える楽しい資料がいっぱい!センターがある永浦島は、大きなハサミを振りながらメスに愛を告げる“干潟のダンサー”ハクセンシオマネキの群生地だけに、その生態も実にわかりやすく紹介されています。子どもたちには、貝殻を使った手作りストラップ体験(300円、体験時間約15分)もおすすめ。

天草ビジターセンター

  • 住所:熊本県上天草市松島町合津 6311-1
  • 電話:0969-56-3665
  • Webサイト

ランチは、地産地消の醍醐味を存分に味わう

[ Kahnya (カーニャ) ]

「天草ビジターセンター」に隣接するカフェで、天草産の食材をたっぷりと味わえるスペシャルランチはいかが?オーシャンビューの窓辺でパスタやカレー、ピザなど、天草を丸ごと堪能する眼福口福のひととき。例えば、春夏秋冬に獲れる多彩なウニや飛び跳ねる活き車エビは天草名物の一つ。匂い立つようなウニのクリームソースパスタや、車エビなど海鮮の旨みがぎゅっと詰まったカレーなどを贅沢に味わえます。晴れた日には海を望むオープンテラスで、のんびりとカフェタイムを。

Kahnya (カーニャ)

  • 住所:熊本県上天草市松島町合津6311-1
  • 電話:0969-56-3664
  • Webサイト

行列ができる、焼きたて塩パン

[ リゾラテラス天草 ]

上天草市松島町の前島にあるリゾートマーケット内に、行列ができる塩パン店があります。天草の塩を練り込んだ生地に、満月の夜に汲んだ海水を平釜で炊いて天日干しした藻塩をのせ、手作業で職人が焼き上げています。香ばしく外はカリッと、中はもっちりとした生地と、滋味深い藻塩との相性は抜群! 何個でも食べたくなる美味しさが魅力です。

塩パンは約1時間ごとに焼き上がるので、高い確率で焼きたてを入手できます。「プレーン」のほかに「メロンパン」「明太子」など味のバリエーションは約7種類。さらに、天草のお土産や海産物加工品の販売、カフェやレストランもあり、目の前の港からはクルーズ船の発着も。海のリゾート感にひたりながら絶品塩パンにかじりつこう!

リゾラテラス天草

  • 住所:熊本県上天草市松島町合津北6215-16
  • 電話:0969-56-3450
  • 定休日:12月31日・1月1日
  • Webサイト

天草の絶景を愛でる温泉でじんわり、ほぐれる

[ ホテル竜宮 海ほたる ]

海に浮かんだ松島の風景を愛でる温泉三昧は、天草ならではのお楽しみ。“美人の湯”と称される天然温泉を壱の湯から伍の湯まで、多彩なお風呂で満喫できるのが、「ホテル竜宮 海ほたる」です。壱の湯は、樹齢200年の杉の丸太をくり抜いた露天風呂と古代ヒノキを使った内湯が自慢。丸太に浸かれば、天草五橋4号橋を見渡すことができます。肩までお湯に浸かれば、日常の疲れがじんわりと、ほぐれていくよう。

ホテル竜宮 海ほたる

  • 住所:熊本県上天草市松島町合津6136
  • 電話:0969-56-3333
  • ※2021年12月2日現在、営業は15:00からとなっています。
  • Webサイト

なんと言っても旅の醍醐味は、その地でしか味わえない酒と食に尽きるでしょう。天草以外では入手しにくい希少な焼酎はもちろんお土産に、そして呑む愉しみは地元の店に。今では呑めない古酒さえも、上手くいけば呑ませてもらえるかもしれない。そんな店と出会い、呑んで語らうことが旅のエッセンス。だからまた旅をしたくなる無限ワープの始まりです。

天草島旅モデルコース